便秘や下痢の原因は?治すために必要な食事法について

便秘や下痢の原因は?治すために必要な食事法について

いつの間にか発症する便秘や下痢。原因は一体何なの?

下痢になった人のイラスト

便が出なくて、何となくすっきりしない便秘。

お腹がゆるくなり、何度もトイレに行きたくなってしまう下痢。

この2つは対照的な症状ですが、どちらも厄介ですよね。もし発症したら、出来るだけ早く治したいものです。

そのためには、便秘や下痢になる原因を知っておくことが大切です。

便秘の症状と原因

便秘は、数日以上排便が無くて、腹痛や腹部の張りなどで日常生活にも支障が出る症状です。

放っておくと腸内で有害物質が発生し、頭痛や肌荒れ、最悪の場合は大腸ガンを引き起こす可能性があります。さらに、肛門にも負担がかかるので、痔になりやすいと言われています。

便秘にはいくつかの種類があり、代表的なものが「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」です。それぞれ原因が異なっています。

1.弛緩性便秘の原因・・・腸の周囲の筋肉が緩んで腸の動きが弱くなり、便の押し出しが悪くなることです。

2.痙攣性便秘の原因・・・自律神経の乱れなどにより、腸管の収縮が強くなって便が出にくくなります。便が出ても、硬く、コロコロとした石のようなものが出ます。

その他、腸が狭くなって起きる便秘や、便意の我慢を続けることによって起こる便秘、妊娠や腫瘍によって腸が圧迫されて起きる便秘もあります。


下痢の症状と原因

便の水分が増加してしまい、排便量や排便回数が増えてしまう症状です。水のような便が出ます。

急性と慢性の2種類に大別できますが、急性の下痢は暴飲暴食やストレス、食中毒、ウイルス感染などが原因です。食べたものが消化不良となり、下痢になります。

慢性の下痢は、薬物の影響や消化管の病気、寄生虫など、様々な原因が考えられます。


腸を整える食生活を!便秘を治すための食事法

便秘を治すためには、腸の調子を整えるための食生活にすることが大切です。ただし、稀に原因となる大きな病気が潜んでいるケースもあるので、何か違和感を感じたら、すぐに医師の診断を受けましょう。

便秘を治すための食事法のポイント

1.食物繊維が豊富な食品を積極的に食べる

食物繊維には、排便をスムーズにしてくれる働きがあります。水分を吸収することによって便の容量を増やし、排便されやすくなるのですね。

また、食物繊維は水溶性と不溶性があり、水溶性が便を柔らかくするのに対して、不溶性が腸に刺激を与え、排便を促してくれます。したがって、痙攣性の便秘の場合は、不溶性食物繊維は控えめにしておきましょう。

水溶性食物繊維が多い食品 ⇒ 野菜や果物、海藻類。オクラや山芋、アボカド、ごぼうなど

不溶性食物繊維が多い食品 ⇒ いんげん豆、おから、あずき、えのき、エリンギ、アーモンド、干し柿、切干大根など

2.水分を十分にとる

水分を十分に摂取すると、便の量が増えて排便がスムーズになる効果が期待できます。食事中でも、お味噌汁やスープなどの汁気の多いものを積極的に食べましょう。

3.腸を刺激しやすい食品を食べる

牛乳や乳製品、果物、芋類、豆類、梅干等の酸味のある食品、香辛料、炭酸飲料など、腸を刺激してくれる食品を積極的にとります。これらの食品によって腸管が刺激され、腸の動きが活発になる効果が期待できます。

しかし、この方法が有効なのは「弛緩性便秘」の時のみです。痙攣性便秘の場合は逆に避けましょう。

4.規則正しく食べる

朝、昼、夜の食事を、規則正しく摂るようにしましょう。お菓子だけで済ませたりせず、栄養バランスを考えて食べることが大切です。


また、便秘の解消に効果的なサプリメントとして有名なのが、カイテキオリゴです。かなり評判も良いので、頑固な便秘でお悩みの方は、1度試されてみた方が良いと思います。きっと、悩みの種である便秘を解消できると思います。

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

刺激の少ない食事を!下痢を治すための食事法

急性期で症状がひどい下痢の場合は「絶食」する必要がありますが、それ以外の場合は水分を小まめに補給し、刺激の少ない食事をとることが大切です。

下痢を治すための食事法のポイントは、以下の通りです。

1.食物繊維が多い食品や、芋・豆類は控えめにする

これらの食品は腸内でガスを発生し、腸管を刺激する危険性があります。下痢の時は良くないので、食べ過ぎないように注意しましょう。

2.1回の食事量を少なくする

1度にたくさん食べてしまえば、それだけ胃腸の負担が大きくなります。1回の食事量を少なくして、胃腸への負担を減らしましょう。

3.アルコールや香辛料は控える

アルコールや香辛料、炭酸飲料、冷たい食べ物などは、腸管に刺激を与えてしまいます。あまり良くないので、下痢の時は我慢しましょう。

4.油脂が多い料理は避ける

油で揚げた物やクリーム類など、油脂が多い料理は消化するのに時間がかかります。下痢の時はできるだけ避けたいですね。

5.やわらかく調理されたものを食べる

野菜や生ではなく茹でたものを、果物は缶詰にするなど、やわらかく調理されたものを選んで食べましょう。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク