田七人参による糖尿病への効果効能とは?

田七人参による糖尿病への効果効能とは?

糖尿病の改善効果も期待できる田七人参

田七人参の糖尿病に対する効果効能を説明する医師


健康において様々な効果効能を持っている田七人参は、糖尿病の改善にも良いことをご存知でしょうか。

糖尿病は国民病の一つと言われており、日本では1000万人以上の人々に発症していると言われています。フジテレビの「とくダネ!」の司会者で有名な小倉智昭さんや、みのもんたさん、漫談家の綾小路きみまろさんなど、数多くの著名人も糖尿病であることを公表しています。

糖尿病になると全身が疲れやすくなったり、喉の渇きが止まらなくなったりなど、様々な症状が表面化します。さらに糖尿病は恐ろしいことに、網膜症や神経障害、動脈硬化、腎臓障害など、様々な合併症を引き起こす危険性があるのです。

糖尿病を少しでも悪化させないために、また糖尿病の発症を防ぐためにも、田七人参の効果効能をぜひ知っていただければ幸いです。

そもそも、糖尿病とはどのような病気なのか!?

生活習慣病や成人病の代表格として知られる糖尿病は、そもそもどのような病気なのでしょうか。

病気の内容を一言で説明すると「血液中におけるブドウ糖の濃度が、継続して高くなってしまう病気」だと言えます。

私達は食事でブドウ糖やアミノ酸を摂取すると、自動的にインシュリンがすい臓から分泌され、血糖値の上昇を防いでくれます。これは血液中に含まれるブドウ糖が、インシュリンの働きによって筋肉などへ吸収されるためです。

しかしながら糖分の過剰摂取によってインシュリンの働きが追い付かなかったり、何らかの原因でインシュリンの分泌量が低下したりすると、どうしても血液中のブドウ糖濃度が高い状態になってしまいます。

この状態が長く続くことで、糖尿病を発症してしまうのです。

糖尿病の種類について

1型糖尿病

幼い子どもの頃から発症するケースが多い糖尿病で、小児糖尿病と呼ばれる事もあります。すい臓にはインシュリンを作る「β細胞」があるのですが、この細胞が壊れてしまうことで、インシュリンの分泌量が不足してしまいます。

2型糖尿病

運動不足や食生活の栄養過多など、日常の生活習慣によって発症する糖尿病であり、日本国民の95%以上はこの2型糖尿病に該当すると言われています。

具体的には、インシュリンの作用が筋肉細胞や肝臓の細胞に対して効きにくくなったり、インシュリンの分泌量自体が減少したりすることによって発症します。

妊娠糖尿病

女性が妊娠中に糖代謝異常が見つかると、妊娠糖尿病となります。胎児に合併症が起こる危険性もあるので、厳格な糖代謝を実施する必要があります。

遺伝子や免疫異常による糖尿病

上記の各種糖尿病以外にも、遺伝子や免疫の異常、すい臓病、肝臓病、薬剤などが原因となって発症する糖尿病もあります。

糖尿病を発症すると、具体的にどんな症状が出るのか

糖尿病の症状について説明する医師


血糖値が高い状態が続き糖尿病を発症すると、以下のような症状が出てきます。

・喉の渇きが止まらなくなる

・排尿の回数が増える、尿の量が多くなる

・体重が急に減る、食べても痩せてしまう

・ちゃんと食べても、すぐにお腹が減る

・疲れやすくなる、全身がだるく感じる

・目がかすむ

・尿に糖が混じる

・手足がしびれる

・立ちくらみがする

・集中力が無くなる、物覚えが悪くなる


これらの症状の中でも特に起こりやすいのが、尿の回数が増えることと、喉が渇きやすくなることです。

糖尿病はそもそも糖分を吸収しきれずに血糖値が高くなる病気であり、何とか過剰な糖分を排出しようとして、脳から水分を摂取するように指令が出されます。これにより、喉が渇きやすくなるのです。

また摂取する水分の量が増えれば、自然に尿意も増えてきます。

この2つの症状は水を飲み、トイレに行けばすぐに解決してしまいます。このため、自分自身が糖尿病を発症していると気づかないまま、放置されてしまうケースも多いと言われています。

そして重度の糖尿病になると、様々な合併症を起こす危険性もあるのです。

上記のような症状が見られる場合は、「自分は大丈夫!」といった過信は捨てて、すぐに医療機関を受診することが大切です。

田七人参による糖尿病への効果効能とは!?

本題はここからです。

中国では無類の生薬として古来から伝わる「田七人参」は、糖尿病に対してどのような効果効能を発揮してくれるのでしょうか。

まず始めに田七人参に含まれている成分として、以下のものが挙げられます。

〇サポニン

〇田七ケトン

〇パナキサトリオール

〇デンシチン有機ゲルマニウム

〇フラボノイド

〇アルギニン

〇ビタミン類

〇鉄分


これらの田七人参の各種成分の中で、糖尿病の改善に役立つとされているのが「サポニン」と「パナキサトリオール」です。

サポニンにはインスリンのような血糖値の上昇を抑制する効果があると言われており、糖尿病の予防と改善に役立ちます。その他、抗アレルギー作用や肥満の改善にも働いてくれるので、生活習慣病全般に対しての効能を期待できるわけです。

一方、パナキサトリオールは糖分の代謝を助ける効果効能があり、これも血糖値の改善に役立ちます。さらにパナキサトリオールのすごいところは、食後に上昇する血糖値に対してだけでなく、空腹時の血糖値に抑制にも効果が期待できることです。

その他、田七人参にはフラボノイドや田七ケトンなど、健康に良い成分が豊富に含まれています。

自律神経の働きを良くしたり、免疫力や臓器の機能を高めたりする効能もあるので、糖尿病をはじめとした様々な生活習慣病の改善に役立ちます。

血糖値の改善に効果的な田七人参サプリメント「白井田七」

糖尿病の治療や予防において、”血糖値の改善”は重要なキーポイントとなります。

そのために有効な田七人参サプリメントとして巷で有名なのが、「白井田七」です。

白井田七は、完全無農薬で有機栽培された田七人参から作られたサプリメントであり、糖尿病の良いとされるサポニンやパナキサトリオールなどの有効成分も、しっかり配合されています。

実際に白井田七を愛飲している方々からは、以下の感想が出ているそうです。



白井田七を飲み始めて4ヵ月ぐらいで、血糖値とヘモグロビンが平常値になりました。かかりつけの医師も驚いていて、今後も継続していきます。(Sさん・男性)

血糖値が高い状態が続いていましたが、白井田七を飲み続けていたら、血糖値の数値が自然に下がってきました。(Aさん・女性)

飲み始めてから予想以上に血糖値やコレステロール値が下がり、驚きました。(Hさん・男性)

糖尿病を患っており、治療薬だけでなく白井田七も飲むようにしています。少しずつ数値が下がっているので、今後も継続していこうと思います。(Mさん・男性)



田七人参サプリメントの白井田七はリピート率も高く、本当にたくさんの方々が効果を実感しているようです。

血糖値を改善して糖尿病を予防・改善するためにも、実際に試してみたいですね。

白井田七の公式サイトはこちら↓



田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク