糖尿病は合併症を起こさないことが大切

糖尿病は合併症を起こさないことが大切

糖尿病は合併症を起こさないことが大切

高血糖の状態は、私達の体に様々な負担をかけています。しかし、病気が進行しないと自覚症状が現れにくいために、症状に気付いたときには合併症が既に進行している場合が少なくないのが現状です。

初期段階で生活習慣の改善と適切な治療を始めておけば、糖尿病の進行を抑えることは可能です。しかし、血糖値のコントロールが良好ではない場合は、いろいろな合併症が出てきます。

糖尿病を治療する目的は、この合併症を発症させないことが最大の目的だと言えます。

糖尿病の初期は高血糖の状態が続いていますが、まだこれといった自覚症状があらわれてきません。しかし、太い血管では高血糖の影響動脈硬化が加速度的に進んでいきます。これは狭心症や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

さらに血糖値の高い状態が続くと、今度は尿の中にブドウ糖が排出されます。多量の尿が排出されるので体の水分が失われてしまい、喉が渇いて水をガブ飲みするようになります。

もっと進行していくと、インスリンの作用が不足してきてブドウ糖を利用できなくなり、疲れやすくなったり、だるくなってきたりします。そのうちに食べても食べても空腹感を感じるようになり、たくさん食べているのに少しずつ痩せてくるようになります。

そして慢性的な高血糖が続くと、神経や細い血管に障害が生じてきます。その結果として発症してしまうのが、神経障害網膜症、腎障害などの合併症です。発症の初期状態としては、特有の自覚症状を感じることはほとんど無いそうです。

初期の段階から発症していた動脈硬化も引き続き進行し、これらの合併症と共に脳梗塞や心筋梗塞の危険性も高い状態が続きます。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク