腎臓病の改善効果も期待できる田七人参

腎臓病の改善効果も期待できる田七人参

私達の健康に欠かせない「腎臓」の大切な役割とは!?

腎臓の役割を語る医師


田七人参は腎臓病の改善効果も期待できると言われていますが、そもそも腎臓とはどのような働きをしているのでしょうか。

まず始めに、人間の健康的な活動においてかかせない「腎臓の大切な役割」について見てきましょう。

ホルモンの分泌により、血液を作る

腎臓の病気になると貧血になりやすいと言われていますが、これは血液が十分に作られていないからです。腎臓は血液の分泌を促すホルモンを出す働きがあり、大切な血液の生成に起因しています。

血圧を正常な値にする

腎臓は塩分と水分の排出量を整えることで、血圧を正常な値へと導いています。血圧と腎臓は密接な関わりがあり、高血圧症になると腎臓の働きが悪くなると言われています。

老廃物を体外へ出す

人間は体内で血液をろ過し、老廃物や尿として対外へ排出しています。腎臓の調子が悪いと尿が出にくくなり、悪化すれば尿毒症になる危険性があります。さらに、腎臓は体内の体液量やイオンバランスも調整しています。これにより、身体のむくみなどを解消しています。

ビタミンDを作り、骨を強くする

腎臓には、活性型のビタミンDを作る働きがあります。ビタミンDはカルシウムを吸収する時に必要なものであり、強い骨を作ることに役立っています。

スポンサーリンク


腎臓病の種類について

腎臓病にはいくつかの種類がありますが、進行度によって急性と慢性に、病気が発生する過程によって原発性と続発性に分けられています。

代表的な腎臓病としては、以下の4つがあります。

糖尿病性腎症

糖尿病の合併症であり、少しずつ病気が進行していきます。糖尿病の治療に努めることが重要です。

急速進行性糸球体腎炎

急速に腎不全が進行してほとんどの糸球体が破壊されてしまい、末期腎不全になります。

慢性糸球体腎炎

血尿やタンパク尿が1年以上の長きに渡って継続する症状を指しています。腎臓病の中で最も発症する人が多く、慢性腎炎と呼ばれることもあります。

急性糸球体腎炎

慢性腎炎と違って急に発症しますが、治るのも早いです。ほとんどのケースで、早期に治療が完了すると言われています。

腎臓病は症状が表に出にくいので、いつの間にかダメージを蓄積している可能性も否めません。腎臓病を予防するためには糖尿病や高血圧症にならないことも重要ですが、以下の事も腎臓の機能を低下させる要因になります。

・慢性的なストレス

・肥満

・喫煙

・飲酒

・塩分過多な食事


・栄養バランスの乱れ

腎臓の健康を維持していくためにも、可能な限り注意していきたいですね。

腎臓病の予防・改善効果も期待できる田七人参

田七人参には腎臓における血流を改善するだけでなく、利尿ホルモンの生成を促進し、老廃物や尿の排出を良くする効果が期待できます。

さらに、注目すべきは田七人参に含まれている有機ゲルマニウムです。腎臓はもともと感染症に弱いと言われており、体内に入った最近やウイルスが腎臓に留まってしまうケースがあります。

しかし、有機ゲルマニウムはインターフェロンの働くを良くする効能があるので、免疫力がアップして感染症の予防にも繋がります。(インターフェロンは、細菌やウイルスを撃退する役割を果たしています。)

田七人参は腎臓病の改善だけでなく、予防にも十分に役立っています。サプリメントなどで効率的に摂取して、その効果効能を積極的に発揮させたいですね。

田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク