くるみはオレイン酸とα−リノレン酸が豊富!動脈硬化や血栓の予防に効果的。

くるみはオレイン酸とα−リノレン酸が豊富!動脈硬化や血栓の予防に効果的。

くるみはオレイン酸とα−リノレン酸が豊富!動脈硬化や血栓の予防に効果的。

くるみは昔から日本で自生しており、なんと200万年前から日本に存在していたそうです。

生産量が一番多いのは長野県で、くるみ蕎麦など、くるみを利用した料理も多くありますね。

そんなくるみには、注目の栄養素「オレイン酸」と「α−リノレン酸」が豊富に含まれています。

この2つは血管を綺麗にしてくれる油で、動脈硬化や血栓の予防に効果があります。細胞の新陳代謝も促進してくれる本当に優れた油なんです。


特に、α−リノレン酸は他のナッツ類と比べても非常に豊富に含まれており、体内に入るとEPAやDHAに変化します。血管をやわらかくし、自由に広げることが出来るので、血栓を改善したり、予防するのに効果的です。


一方、オレイン酸は悪玉コレステロールを退治してくれる働きがあるので、これも血管をきれいにするのに役立ちます。


α−リノレン酸とオレイン酸の両方が含まれているくるみは、まさに血管を健康的な状態に保つための最高級の食材と言えるかもしれません。


厚生労働省が推奨しているEPA・DHAの1日の摂取量は2グラムです。

これを補うためにはたくさんの青魚を食べなければなりませんが、くるみの場合はたったの10粒で補給できます。

ただし、くるみは高カロリーであり、100グラムあたり674キロカロリーもあります。

1日の適量は10粒ぐらいなので、食べ過ぎには十分に注意したいですね。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク