網膜症〜糖尿病の合併症〜

網膜症〜糖尿病の合併症〜

網膜症〜糖尿病の合併症〜

糖尿病の合併症の1つに「網膜症」があります。網膜症は日本人の成人男女の失明原因の第1位になっており、年間3500人以上もの人々が、網膜症によって失明しています。

たとえ視力を失っていなくても、糖尿病になってから10年以上が経過した人の約半数が、網膜に何らかの異常が発生すると言われています。

網膜は眼球から入ってきた情報を、視神経を通じて脳に画像として伝える大切な役割を担っています。この網膜にはたくさんの毛細血管があり、眼球に栄養や酸素を運ぶ役割もあります。

高血糖の状態が続くと、この網膜の毛細血管が障害を受けてしまい、糖尿病性網膜症になります。これは進行状態によって3段階に分かれており、単純網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症の順で進んでいきます。

網膜が障害を受けると、単純網膜症、前増殖網膜症の段階で、毛細血管がつまってできた小さなコブが破れて点状出血が起こったり、血液成分のタンパク質や脂肪が網膜内にしみ出て、白斑ができたりします。

症状が進行してくると、新生血管という異常な血管が硝子体の中に向かって伸びていきます。さらに血糖値が急に高くなると、新生血管が破れて硝子体の中で出血したり、新生血管のまわりに異常細胞ができて、網膜剥離が起こり、最終的には失明する場合もあります。

糖尿病性網膜症は、かなり進行するまで自覚症状がほとんどありません。このため、定期的に眼底検査を受けることと、糖尿病をいち早く改善することが大切です。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク