糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害│田七人参の効能

糖尿病性神経障害について

糖尿病性神経障害は、糖尿病の3大合併症の1つです。糖尿病の合併症の中でも最も頻度の高い合併症で、中枢神経、抹消神経、自律神経のうち、糖尿病でおかされやすいのが末梢神経と自律神経になります。

これらの神経は、私たちの様々な臓器の環境や機能を操作しています。抹消神経は足先の感覚を保持してて、歩行に必要なものです。足と地面の接触感や傷みを感じたりするなどの大切な感覚機能を持ち合わせています。

しかし、高血糖の状態が続いてしまうと、神経機能が犯されて、足先の感覚機能などに影響が出てきます。症状としては、針でチクチクと刺されているような感じや、軽く触れられているような違和感を感じたりします。

これとは逆に、全く感覚が無くなったり、しびれていて何をしても感じないということもあるそうです。

さらに悪化すると、足先の感覚が完全に無くなり、傷から細菌感染を起こして細胞が死んでしまう「壊疽」を起こすことがあります。入院して抗生物質を投与することで回復することも多いそうですが、放置していると足の切断を余儀なくされる場合もあるそうです。

糖尿病性神経障害で犯されやすいもう1つの神経が、自律神経です。この神経に異常が起きると、胃腸の働きが悪くなって便秘がちになったり、便秘と下痢を繰り返したりします。さらに胃の働きが悪くなったり、男性は勃起障害になることもあるそうです。

さらに、皮膚の温度調節が障害されると、汗の量が過剰になり、上半身や顔に汗をかきやすくなることもあります。また、ちょっとした動作で血圧が上下しやすくなり、その結果としてめまいが生じることもあります。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク