糖尿病治療の基本

糖尿病治療の基本

糖尿病治療の基本

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法、そして場合によっては薬物療法も組み合わされます。

この3つの治療法の中で最も大切なのが食事療法です。糖尿病になると食事で取り込んだ糖質をうまくエネルギーに代謝することができないために、血糖値が高くなり、すい臓に大きな負担をかけてしまいます。

このため、すい臓への負担を減らすために、食事のエネルギー摂取量を減らして血液に入る糖質の量を抑えると共に、栄養バランスの取れた食事を取ることで、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができます。

また、糖尿病では多くの人が肥満を併発しています。運動療法は肥満の解消にももってこいですし、糖尿病の治療だけでなく高血圧のリスクも減らすことができます。

肥満になって内臓脂肪が増えてしまうと、ちょっと異常な脂肪細胞が発生して、そこからインスリンの働きを悪くするホルモンが出てきます。しかし、運動によって肥満が解消されれば、脂肪細胞が減って、インスリンの働きを良くするホルモンも分泌されるようになります。さらに、筋肉を使えば、筋肉にブドウ糖が取り込まれるので、血糖値を下げるのに役立ちます。

たとえ肥満が大したことがなくても、40歳前後ぐらいになると基礎代謝が減ってきて急激にブドウ糖の消費が減ってしまいます。基礎代謝とは心臓を動かしたり、食べ物を消化・吸収するなど、私達人間が生きていくために必要なエネルギー代謝を意味しています。運動をして筋肉をつき、基礎代謝が上がれば減った分のエネルギー代謝を補うことも可能になります。

食事療法と運動療法を行っても血糖値が高い状態が続いているのであれば、今度は薬物療法が加えられます。薬物療法には飲み薬と注射があり、糖尿病の進行度に合わせて薬が使い分けられます。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク