東洋医学と田七人参

東洋医学と田七人参

東洋医学と田七人参

私達人間は、血流が悪いと様々な危険信号が身体のさまざまな部分に出始めてきます。

それを早めに見つけて漢方養生すれば、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心臓疾患などの生活習慣病、生理通、筋腫、整理異常などの女性の生理トラブル、ガンなどのさまざまな疾病が予防できます。

また、「病は気から」という言葉も良く使われていますが、これはそのまま意味を解釈すれば、気分が落ち込んだり、凹んだりすると病気になりやすいというものです。しかし、東洋医学では「気」は感情のことではありません。

「気」は中国哲学では、「万物の構成要素」を意味しています。全ての病気は「気」の変化から起こるというぐらい、気が非常に大切だと東洋医学では考えられています。この気の変化というのは「血流の変化」を指しています。

気の法則に反したときに、病気になる。つまり、東洋医学における全ての病は、血流が滞ることにあると考えられています。

また、体の「免疫力」は、血流と大きな関係があります。世間一般的に微熱と言えば37度以上ですが、免疫力が高い人は、これは許容範囲となります。

なぜなら、体全体の血流が活発になると、体温が高くなるからです。しかし、近年は平均体温が35℃代の人が多く存在しています。これは病気になりやすい身体状況であると言えるでしょう。

この血流を改善し、気の力を一気に高めてくれる効果を期待できるのが、田七人参です。サプリメント等で積極的に摂取して、自分自身の体を健康的なものへと導いていきましょう。

 


田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク