痛風の治療にも効果的な田七人参

痛風の治療にも効果的な田七人参

痛風の治療にも効果的!田七人参の優れた効果効能

痛風への効果効能について語る医療関係者


糖尿病や高血圧など様々な生活習慣病の予防、改善に効果的な田七人参には、痛風にも良いことをご存知でしょうか。

痛風と言えば、体内に溜まってしまった尿酸が排出されないために起きてしまう、痛みを伴う病気です。

足の親指や踵(かかと)などが著しく腫れ、歩くことも困難になってしまうケースもあり、痛風経験者にしか解からないような辛さもありますよね。

田七人参にはサポニンが豊富に含まれており、このサポニンがコレステロール値を下げることで、血行を良くしてくれます。

さらに肝機能を向上させる働きもあることから、プリン体から発生する尿酸を、効果的に排出してくれるのです。

このページでは、痛風とは具体的にどんな病気なのか、そして田七人参がどのような効果効能をもたらすのかについて、詳しく解説していきます。

痛風とは、具体的にどのような病気なのか!?

中年男性の間では時折耳にする「痛風」とは、具体的にどのような病気なのでしょうか。

”風が吹いただけでも痛い”という意味を込めて作られた病名だけに、どんな病気なのか非常に気になります。

痛風とは「体内で過剰に溜まった尿酸が結晶となり、この結晶が剥がれ落ちることで、関節炎を起こす症状」を意味しています。

ある日突然発症するケースも多く、足の親指が赤く腫れあがったり、足の踵や裏が腫れてしまい、歩くことが困難になる場合もあります。

私達の体内には、常に尿酸が存在しています。本来であれば尿酸は生成と排出のバランスが保たれているのですが、食生活の乱れなどが原因で、尿酸値に変化が生じてくるのです。

尿酸値とは、血液中に含まれている尿酸の濃度を意味しています。

100ml(1dl)の血液中に尿酸が何mg含まれているかを数値化したもので、成人男女の正常値は以下の通りです。

成人男性の尿酸正常値 ⇒ 3.5〜7.0mg/dl

成人女性の尿酸正常値 ⇒ 2.4〜5.8mg/dl

そしてこの尿酸値が「7.0mg/dl」を超えてしまうと、医療機関では「高尿酸血症」と診断されます。

高尿酸血症によって何らかの症状が出るというわけではありませんが、痛風や尿管結石などの病気がいつ発症してもおかしくない状態だと言えます。

30代から40代の日本人男性は3人に1人が高尿酸結晶というデータも出ており、痛風を発症しやすい状態の人達が非常に多いことが判ります。

スポンサーリンク



痛風の症状や発作の特徴について


実際に痛風を発症すると、以下のような症状が出てきます。

関節の痛み

関節の腫れ

関節の赤み

これらの症状は、体が”剥がれ落ちた尿酸の結晶”を異物と認識し、防御反応として攻撃するために起こるものです。

症状が出る場所は足の裏側や親指の付け根が有名ですが、肘や膝、手の甲、耳たぶで発症することもあります。

痛みは3日から10日程度続き、前兆としてピリピリとした違和感が出るケースもあるようです。また痛みが出るのは、1度の痛風発作で1ヵ所のみとされています。

痛風を発症する要因や原因とは!?


30代から40代の働き盛りの男性が発症しやすい痛風には、一体どのような要因や原因が潜んでいるのでしょうか。

痛風を引き起こす原因は、1つだけではありません。以下のような要因が多く見られる人程、発症の危険性が高くなります。

過剰な飲酒

適度な飲酒ならそれほど問題視する必要がありませんが、危険なのが過剰な飲酒です。人間はお酒を飲んだ時、アルコールを代謝するために尿酸が合成されます。そして尿酸自体の排泄機能が弱くなってしまい、尿酸値が高くなるのです。

偏った食生活や肥満

プリン体が豊富な魚卵や白子、レバー、マイワシなどの食品は、尿酸値を高くする傾向があります。また肥満の人も尿酸値が高くなりやすく、痛風の要因とされています。

激しいスポーツや運動

身体的負荷の大きい激しいスポーツは疲労物質だけでなく、乳酸も多く出てしまうものです。また排泄機能も落ちてしまい、尿酸が溜まりやすくなると言われています。

ストレス

過剰なストレスによって免疫機能が衰えてしまうと、尿酸の排泄機能も低下します。またストレスでお酒に走ったり、暴飲暴食をしたりすることも、痛風の要因になります。

田七人参の痛風に対する効果効能とは?

血糖値の改善や高血圧の予防など田七人参には様々な効果効能があるとされていますが、痛風の予防や改善にも効果を発揮してくれます。

田七人参の主要成分として知られている「サポニン」は、血液を綺麗にし、その流れをサラサラにする効能があります。これが痛風の腫れや炎症を改善することに役立っているのです。

またサポニンには活性酸素を抑制する効果だけでなく、腎臓機能を良くする効能もあります。

腎臓の機能が向上することで体内の老廃物が排出されやすくなり、同時に尿酸の排泄機能も活性化します。

痛風の原因は尿酸値の高い状態が続くことにあることから、結果として痛風の予防や改善に役立つのですね。

また田七人参には「田七ケトン」という成分も含まれており、関節周りの血流を促進してくれます。そして炎症や激痛のもととなる原因物質の生成を抑えてくれるのです。

田七人参のサプリメントとして有名なものに白井田七がありますが、このサプリを服用することで「痛風の症状が改善した」という声も多数出ています。

白井田七の公式サイトはこちら↓



田七人参 効能 TOPページに戻る


スポンサードリンク